FXで注目すべきポイントは?

まずFXをする上で注意したいこと

FXをはじめた初心者の方からよく聞くことに、FXをはじめたのはいいけれど実際の取引画面のどこを見たらいいかわからなかったということ。FXは証拠金取引だからでしょうか?結構難しい専門用語がならびます。おそらくポジションをもった後、どこの画面を見たらいいかがわからないのだと思います。当然、FXいわゆる外国為替証拠金取引で最も重要なのは、常に損益の状態を見守ること、つまりポジションのチェックを欠かさないことです。

 

ここらへんから解説していきたいと思います。

 

レートの変動でポジションの損益が刻々と変化

あなたが購人した1万米ドルのポジションは、為替レートの変動と共に刻々と損益が変化します。現時点でのポジションはどうなっているのでしょうか。

 

左上の「外貨ex」面面左側のメニューにある示ジション照会」のボタンをクリックしましょう。ここであなたのポジション状況が確認できます。「ポジション照会」画面下に表示されているポジション明細では、どの通貨をいつ、いくらで取引
したかを改めて確認できます。また、「評価損益」では各ポジションの現時点での損益状況がわかります。

 

各ポジションのさらに詳しい内容を確認したいときは「詳細」ボタンをクリックします。ここでは米ドルの買いポジションを持っていたので、金利の差額分であるスワップポイントがつき(詳しくは32ページ)、このスワップポイントの累計額を「スワップ累計」で確認することができます。また、新規・決済注文で発生した手数料の合計額も「手数料合計」として表示されます。(確定損益)では、保有しているポジションの一部を決済した場合に、その損益を確認できるようになっています。

 

ただしこれらの数値は参考値で、実際のレートでの正式な計算は、ポジションごとに表示される「決済へ」ボタンをクリックして立ち上がる「決済注文画面」で確認することになります。

 

口座状況照会で全体の損益を確認

あなたが複数のポジションを保有している場合には、「口座状況照会」画面で全体の損益が確認できます。この画面はメニューから「口座状況照会」ボタンをクリックすると表示されます。

 

左下の画面を見てください。「資産合計」は「外貨ex」に預けている資産の金額です。「評価損益金」は現在の為替レートで計算した口座全体の評価損益です。また、「有効証拠金額」から「使用中証拠金」と「出金依頼金額」を差し引いた額が「取引余力」です。この「取引余力」から「評価損益金」(プラスの場合)を引いた金額が「出金可能額」で、現在出金できる、上限の金額になります。このの画面には、[最新情報に更新]
というボタンがあります。照会の際にはこのボタンをクリックして画面を更新し、最新レートを反映させるようにしましょう。

 

証拠金取引では、為替レートに合わせて損益も変わります。こまめにチェックしましょう。

 

口座内容照会の画面

 

米国株安を受けて利益確定の動きが先行しそうだが、需給調整後は底堅い展開が期待される。米FOMCでの量的緩和第2弾(QE2)の予定通りの終了や慎重な景気見通しを示したことについての驚きはないだろう。バーナンキFRB議長は日本のサプライチェーン寸断の影響といった一時的な影響であり、年後半からの景気回復を見込んでいる。需給状況としては、サプライ回復による生産正常化や復興期待などを背景に、日本市場へ資金がシフトしやすいとみられる。